●農家の恐ろしい実態●part20 より
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1049038917/

332 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:03/04/02(水) 08:48
これらのスレ読んで思い出したので。私が高校3年の時の話。
 
学校から駅までちょっと距離があるため当時はよく近道として農道を通ってました。
近道としては穴場らしく同じ学校の人は勿論、地元の人も殆ど通らない道でした。
高3の秋、クラブで休日に学校に行き1人で駅に向かって例の農道を歩いていた時、後ろから珍しく人の気配が。振り向いたら自転車に乗った人がこちらに向かってきていたのでとっさに細い道の端に寄りました。

ところがいつまでたっても追い抜いていかないんですよね。
それで「変だな」、と後ろを振り向いたら見た目30代後半、よれよれのポロシャツにスラックスぞうり履きで焦点のあわない目でやばいオーラを全身から出しているその人と目が合ってしまった。

内心「やばいかな」と思って正面を向きなおし早足で道を急いだんだけどその人、自転車で擦り寄るように近づいてきて私の全身を嘗め回すように見て
「君、○○高校の学生さん?」
目を合わせないようにしながら「それが何か?」
含み笑いを押し殺すような声で
「そう、○○高校・・ ちょっと付き合ってくれないかな?」
内心泣きたいのをこらえて「急いでますから失礼します」と走り出したの。
そうしたら同じスピードでついてくるのよ。何をするわけでもなくニヤニヤしながらぴったり横にくっついてるの。

とっさに道を変えて薄暗い集落を抜けて商店街に行き、目に付いたファンシーショップに駆け込みました。
ウィンドー越しに様子を見ていたところ店の周りを自転車でうろうろしていたけれどやがて諦めたのか10分くらいで姿が消えました。
その時は一体何だったの? と思ったんだけどこのスレ読んでなんとなく分かったような感じがしました・・


333 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:03/04/02(水) 08:53
>332
無事でよかったねえ。


336 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:03/04/02(水) 09:36
>332さんの話しで私も思い出した!

中2だっけ?私んちは歩いて山のてっぺんに帰るしかない交通機関のまったく無い所。
その登りの山道で20代?30代?妙な感じの男はニヤニヤ挨拶してきたと思ったら(そいつが先に細い登り坂の道の脇の石に座ってた)挨拶してふっと視線が下がったら←私の!そいつ自分のズボンの前からボロッと出して片手でにぎにぎしてた。
子供心にキャーとか言ったら喜びそうだし、人家もまったくないこのあたりで怒らせないようにそしらぬ顔で(ああ、下るより上る方がせめて人家があるか)としんどい坂道を早足で上った・・・幸いついてこなかった・・・
田舎はあんなのが多いのかぁ!?


337 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:03/04/02(水) 09:37
>332、336
ひょえええええ!!
キモイよぉぉぉ!!

339 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:03/04/02(水) 09:42
奈○の月ヶ瀬村の事件を思い出した。

340 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:03/04/02(水) 09:49
>339
禿同
そういうヤシは抹殺しろ。



男子高校生の日常 この変態が!Tシャツ ブラック サイズ:XL