農家の恐ろしい実態 Part46 より
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1063716555/

556: 名無しさん@HOME 2003/10/04 23:14:00
僕の会社、田舎に支店があるんだけど、農繁期は兼業農家の人は誰一人出勤しないから会社の機能が完全に停滞するよ。
土地柄だからしょうがないけど、今のご時世、せめて会社に対して「申し訳無い」という気持ちを持って休んでもらわないとリストラ対象にせざるを得ないよ。
村社会だから、「休んで当然」っていう妙な連帯感(それも隣近所の連帯感)があるんだよね。
農業しなきゃ生活できないのはわかるけど、じゃ、会社辞めてもらうしかないよね。
仕事に対して責任感のないヤツは米だけで生きていってくれ。



557: 名無しさん@HOME 2003/10/05 00:12:00
>>556 
過去スレにもあったよな。 
農繁期だから、とか、村長の葬式だから、とかっていって納期を守らないから取り引きを打ち切った話。 

社会は君達の村のペースで生きているんじゃないんだよ。

558: 名無しさん@HOME 2003/10/05 02:06:00
今の時期の農家は忙しそうだね


559: 名無しさん@HOME 2003/10/05 02:57:00
施設勤めしてた時、稲刈りがあるから休ませろって奴いたなぁ。 
大学出て新卒でやってきた農家の次男か長男、稲刈りになって人手がいるから夜勤は暫く出られないと事務長に談判、 
んで有休以外では休ませないって言われて何故かブチ切れ、 
「家の仕事なのに何でなんだよ!!」
でも事務長には言えず同僚に愚痴る。 

で、たまたまそばにいた俺に向かって、 
「お前この日変わりに夜勤入れよ、俺はどうしてもいなきゃいけないんだ。」 
キッパリ断ると襟首掴んで
「お前家の仕事無い癖に!少しは気を使え!!」
もうアホか莫迦かと。

「ふざけんな莫迦」って一発こづいたら半泣きで理事長に告げ口w 
でも事務長に経緯聞いた理事長と施設長、「明日から来なくていいから。」と一言。 
さすが親族経営は決断が早いです。
「はい解りました」
って、そいつ次の日から来なくなりました。 

でも何を思ったのか稲刈りがすんだら職場復帰するつもりで普通に出勤w 
色々ごねてましたが解雇通知送られて時間たってたので後の祭り。 
彼の捨て台詞は

「お前らみたいに勤め何かしなくても喰えるんだよ俺は」

でした。 

…彼も今年二十八になるはずですが結婚どころか浮いた噂も聞きません。 
あと十年もすれば立派にウッチーズの若手のホープになってるはずです。 
こうしてウッチーズは連綿と血脈を保つのですね。


561: 名無しさん@HOME 2003/10/05 03:02:00
>>559 
普通の会社員から見れば、ありえないDQNだ、そいつ。



お米をおいしく食べる本