【恐ろしい】農家の暗部 Part56【実態】  より
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/live/1092829212/

856: 都会の被害 04/10/21(木) 18:06:08
私の母は超ど田舎から就職で都会に出てきて、そのまま結婚した。
 
祖母(父方)と同居してたが、それで作法から一から叩き込まれた。
祖母は武士系の家柄で、しかも大正生まれで、厳しいが、明治維新の名残のようなとこもあり、快活で心身共に清潔な人だった。孫の私にも誠実・正直だった。
祖母はよく働き、よく遊んだ。一家が祖母中心に回っていた。(祖父は戦士)
食事から洗濯まで、あと戦時中から始めた商売も祖母がしていた。


母は田舎の8人兄弟の末っ子で、家事は全く出来ず、又嫌いだった。
そう、ここに書かれているような田舎で、その頃は分からなかったが、私は母方の親戚が嫌いだった。
ぶらぶらしてる母に祖母は、せめて女でも手に職をつけろと言い、ある職についた(在宅)
勉強・作法と、厳しい祖母だったが、私は尊敬していた。誰に対しても平等であった。
その祖母が逝去した。私が高校生になったばかりの頃だった。それから地獄が始まった。
食事は外食かできあいの物。
家は散らかり放題。
洗濯はたまりまくり。
家のルールが何もなくなったのだ。
そう、母の逆襲が始まったのだ。

855: 続き 04/10/21(木) 18:05:06
急に母はのびのびし始め、その代わり、家族が集まることがなくなっていった。
私は大学が遠いこともあり、一人暮らしを始めた。
家に帰る度に驚愕した。
そう、私の実家が、あの大嫌いな田舎の家の様になっていっていた。
不潔な台所、物を貯め込む(捨てられない)。
どの部屋も足の踏み場もない。
父は学者で、研究に入ると、他のことがあまり気にならないのだ。
母の勝ちだ。
そんな生活のくせに、子供(兄と弟)に早く結婚させて、老後の面倒を見てもらうつもりらしい。

誰も止める者がいないので、今では一種の家庭崩壊だ。

一時は私が帰って、掃除・洗濯、正月にはおせち作りまでしていたが、私が祖母に教わった作法で仕切ると、母の機嫌が悪くなるので止めた。
都会の真ん中なのに、私の母だけが島国根性丸出しで、人の目を気にし、体裁だけをつくろう。
私の家の中だけ、ど田舎のようなものでした。

今後のことが怖いので、今は一切の連絡を経っています。
田舎のもたらす被害は、農家毒男からだけじゃないですね。

私は都会が好きです。

ただ、父と母が仲が良いのだけが救いです。

857: 都会の被害 04/10/21(木) 18:07:17
あ、貼り付けの前後間違いました。スマソ
(※編注:856-855 の順で記載しております。)


860: 名無しさん@HOME 04/10/21(木) 20:16:54
あなたの祖母が家事全般完璧な人だったのと、あなたの母が逆に嫌いで母の実家が汚屋敷だったのと、それと田舎だ都会だってのは、全く無関係だと思いますが。

都会にも汚屋敷はある。田舎にも気持ちよく小奇麗に整った家はある。
(つか、田舎こそ小奇麗にしてないとすぐに虫とか入ってくるし)

861: 名無しさん@HOME 04/10/21(木) 21:01:28
というより、結婚してすぐに完璧な主婦が側にいたらすべてにやる気なくすだろうね
結局、あなたのお父さんがそんなお母さんの様子を見ててもどうにもできなかった、一番のヘタレなわけだ

862: 名無しさん@HOME 04/10/21(木) 21:04:11
ネタじゃないなら、祖母が好きで母が嫌い、というだけの話だなぁ。
祖母亡き後、>急に母はのびのびし始め
というあたりに何か感じるものはないのだろーか。



どっち派!?