【しきたり】農家の暗部 Part60【家の光】 より
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1120622809/
 
348: 名無しさん@HOME 2005/07/27(水) 21:28:51
リーマン→農家 な人が来てたのね。 

うちのとーちゃん、リーマン定年してから農家してるけど、 
(貸してた土地が借主の高齢化で余ってきたから趣味で) 
年収なんて30万くらいにしかならんって言ってたぞ。 
一応田んぼ何枚か作ってるけどさ。
農機具も高いしさっぴいたら赤字だって。 
うちは母親が会社員してるし、父親の退職金もそれなりにあったから、
「趣味で健康のためにやってるし赤字でもいいさ」
って言ってるけど、専業農家はそれじゃあかんだろう。 




父親に聞いたら、
「この近所の農家は、外貨稼ぎ担当がいないと心中だよ、みんな」 
って言ってた。 
外貨稼ぎがいなくなるのは危険だと思うけどなあ。
 
349: 名無しさん@HOME 2005/07/27(水) 21:36:36
凄腕の営業マンとか独創的な企画家で経営だの流通だののブレインもいて…という人なら土地あり農業経験者あり地域にコネあるかも?な状況はビジネスチャンスになるんだろうけど。 

戦後、農地改革で土地をもらって三ちゃん農業続けてきた零細自作農が高齢化している今が過渡期。 
このまま高齢化→廃村または能なし跡継ぎが行き詰まり と
思い切って改革→新事業として再生 
二極化していくと思う。
「今まで通り食っていけるだけ細々と」は不可能になるんじゃないかな。食っていくなら外貨か改革。
 
350: 名無しさん@HOME 2005/07/27(水) 21:51:28
今までのようなJAに仕切られた農業だったらそのうち喰いっぱぐれるのは目の前だぞ 
昔ながらの三ちゃん農業やってローン背負って暮らすか会社形態にして、新しいやりかたを目指すかで全然違う 
嫁にきっちり給料が出るように出来るか否か 
よく考えろ 
今成功してるやつは、昔からのしがらみをぶっちぎり 
目の前の箱を使って合理的で顧客のニーズに合ったものを立ち上げてきた奴だろう 
 
351: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 00:58:41
「三ちゃん農業」という言葉が、まだ生きている事に驚いた。 
20年ぶりに聞いたようなキガス。
 
352: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 01:15:44
20年くらい前に社会科の教科書で覚えた言葉だ。 
その頃爺ちゃん婆ちゃんだった世代がそろそろ寿命限界に近づいてるだろうから、過渡期。 
母ちゃんは婆ちゃんになりかかってるだろうが
新たな母ちゃん=嫁が供給されていない。
 
353: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 01:59:26
三ちゃんって何がみっつ?
 
354: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 02:18:39
とうちゃん、かあちゃん、ばぁちゃんだったっけ?>3ちゃん
 
355: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 02:45:25
じいちゃん、ばあちゃん、かあちゃんだよ。 
とうちゃんは出稼ぎじゃなかったかな?
 
356: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 03:07:56
>>355 
出稼ぎじゃなく、リーマン(外貨稼ぎ)じゃないかな。 
結局、単に兼業農家のことじゃなかったっけ。
 
357: 名無しさん@HOME 2005/07/28(木) 08:54:58
兼業も出稼ぎも含むよ。 
近郊農業だと通勤兼業可能だけど 
建設現場や24時間操業の工場の寮飯付遠隔地にとうちゃんだけ出稼ぎってのもデフォ。



NHK 趣味の園芸 2013年 12月号 [雑誌]