【バイブル】農家の暗部 Part62【家の光】 より
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1130555061/

312: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 08:25:44
農家の人、皆が皆こんな酷いとは限らないんだけどねえ。 
 
農村地帯で育ったので、実家に帰ると色々ビックリする事あるよ。 
2人目を里帰り出産したんだけど、退院して実家にいる時なんか大変だった。 
家の中じゃ一番奥の部屋にいたんだけど、断わりも何もなしに入ってくる。 
「あら~赤ちゃん見せて~。あなたは寝てていいから。こっちは気にしないで!」 
いや私が気にするのよ。 
授乳中であろうがお構いなし。 
 
他人の私にでさえこれだもん、同居嫁にはどんな事してるんだろう?と思った。






160: 名無しさん@HOME 2005/11/28(月) 19:24:54
実家が農家なんだが…子連れで帰省すると必ず「やっぱり都会の子はナンチャラ~」とか言われる。 
何も変わったことしてないのになぁ。 

コンプレックスなのか? 
私だって元は田舎モンなのになぁ…変なの。

162: 名無しさん@HOME 2005/11/28(月) 20:19:15
農家長男が
「俺の家は代々名前に○○という字をつけるんだ」
と自慢気に言うので純粋に感心して
「代々ってどれぐらい前から?元地主とか?」
って聞いたら 
「どうせ俺の家はただの農家だよ!」
と逆ギレされたことがある・・・。 




174: 名無しさん@HOME 2005/11/30(水) 00:35:35
子どもの頃、夏休みに友達のおばあちゃん家に遊びにおいでと誘われ行った 
自由研究の課題をその友達と一緒にやることになったので虫取りの為ウロウロしてたらどっかの農家の敷地に入りこんでしまった 

そしたらしわしわのイカツイガタイのいおばあちゃんが出てきて怒鳴られた 
「勝手には入ってくるな!何が欲しいんだ!」
と物乞い扱いされて子ども心にショックだった 

このおばあちゃん依頼、田舎も農家も怖くなってしまった 
何で小学生中学年くらいの子が物乞いするんだよ 
どうしてそういう発想になるんだよと思う 
虫取りの網とカゴ持ってたんだから分かるだろと・・・


175: 名無しさん@HOME 2005/11/30(水) 08:17:50
>>174 
それはおばあちゃんが戦争を体験してるから。 
戦時中は農作物がぬすまれたり物乞いも多かったのだろうよ。 
で、その時代で時間が止まってるのが農家。




189: 名無しさん@HOME 2005/12/02(金) 10:50:04
姉が兼業農家長男と婚約する前、相手の妹が結婚→出戻り→自殺した。 
今考えると、嫁(姉)を迎えるために小姑となる妹を無理に結婚させたような気がしないでもない。 
なぜそう思うかというと、私の友人(農家)が、小姑がいると兄に嫁が来ないからと、見合い→即結婚させられたから。 
農家の実情を知らなかったので「嫌なら断れば?」って言ったら「絶対無理」だって。
幸い旦那さんはいい人そうだった。 

ちなみに姉は気が強いので、文句言いながらでも家で天下を取ってる。 
舅姑が畑仕事やってそのまま家に上がるらしく、顔見せに行ったときに泥だらけのリビングに通されて驚いた。 




202: 名無しさん@HOME 2005/12/03(土) 16:52:56
横レス失礼 
私の父親、のもすごい田舎出身。 
近所の噂話等に耐え切れず、家出同然で上京。 

昔っからニュースにならないだけで、家庭内暴力、恐喝、殺人、婦女暴行沢山有ったそうです。
勿論今でも。 
ニュースにならないだけです。


213: 名無しさん@HOME 2005/12/03(土) 19:33:05
>>202 
度田舎の婦女暴行ってさ、犯人は顔見知りなんだよ。 
だから告訴出来ない。 

十数年ほど前の事で、地元看護学校の女子学生寮内で事件が起こったんだけど、寮に入り込んだ男は、女子学生の元彼(田舎長男・地主の息子)で、女の方が誘ったと言い張り、男を寮に連れ込んだと見なされ、女の方は退学処分。 

女はその後、地元に居られなくなり、
水商売→風俗→ヤクザの女→覚醒剤事件で逮捕
のドラマにありそうな転落人生。 
男は、現在も何事もなかったように結婚して生活し続けてます。 

↑の婦女暴行に限らず、窃盗事件は、まず通報しません。 
被害に遭った者は『パトカーが家に来たら恥だ』と思っています。 

近くに盗癖の有る家族が住んでいるという事も皆の知るところですが、その家族には精神疾患が有るので、仕方がないと言われていました。


215: 名無しさん@HOME 2005/12/03(土) 19:44:15
>>213 
>水商売→風俗→ヤクザの女→覚醒剤事件で逮捕 

それは自業自得というものでは・・・


218: 名無しさん@HOME 2005/12/04(日) 01:45:45
>>215 
でもさぁ、その看護学校、高校と同じようなもんで、そこが中退となると、中卒しかも新卒でない人の就職先ってまず無いよ。 
男ならドカタとか有りそうだけど。 
結局、親の経済力無くて看護学校に進んだ子だったから、退学になったからといって他の高校受け直しも出来なくて、看護学校は市内にそこしかないし、しかも隣接した周辺の市町の看護学校はその事件を知ってたからどこにも受け入れてもらえなかったらしいよ。 
男子禁制の女子寮に男が侵入するってのは相当なタブーだからね。 
普通、カレに会うなら寮の外だったもの。 
男の方は、高校卒業してから他県の専門学校へ行っていて、帰省してた時に女子寮侵入事件起こして『あいつが誘ったんだ』の一点張り 
後はもうバックレ状態だったよ。 

15-16で、安全だと思っていた女子寮の自室で●●●●され、被害者の自分が不当な目にあって、加害者は全くおとがめ無しの現実を突きつけられ 
それがきっかけで転落ってのも自業自得とも言い切れないような・・・ 


219: 名無しさん@HOME 2005/12/04(日) 04:41:45
おミズから這い上がれず順調に下の方にステップアップしちゃったことが自業自得だといってるんだと思った。
 
221: 名無しさん@HOME 2005/12/04(日) 09:41:45
>>219 
そのとおり。 
訳あって水商売だけど頑張ってる人は沢山いる。




266: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 12:27:06
農家に関わったことない部外者の疑問なんだが、都心の農家でも、汚宅だったり嫁いびりが横行してたりするの? 
電気もガスも通ってない山奥の過疎地だけの話じゃないの? 
個人主義上等なマンション育ちの私には想像つかない世界です… 

農村部に住む人は、娘産むの恐くないのかな? 
荒らしっぽくなってしまいましたね。すんません

268: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 13:46:03
>>266 
そうみたいです。 
農家は一生農家のしきたりです。 
幼稚園の人で、この辺に三軒しかない農家の嫁の人がいて、小姑にもやられるらしく、幼稚園の送迎途中のお宅でタバコ吸いだめしてるんだそうです。 
吸ってるの内緒だって。 
言っちゃ悪いけど、やっぱり汚らしいんです。 
結婚できるって嬉しさだけで、見合いで嫁いだみたいです。 

話かわりますが、八百屋の長男で嫁をまだもらってない40代がいます。 
お客(子連れだろうが関係無し)で来る女性を見る目がいやらしくって、そのクセかっこつけます。 
友達紹介してほしいんだか、
「嫁には絶対八百屋の仕事させない」 
なんて言いまくってて、なわけないだろって感じです。 
ストレスもたまってるみたいで、車運転中に他の車に怒鳴ってるのを何度も見ました。 
馬鹿にされねえぞって感じで鼻息荒くしてます。ホント見苦しい。 
横レス失礼しました。 
なんか農家=八百屋を感じてしまったんでw


293: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 22:36:53
>>266 
実家(政令指定都市)周辺の農家は、そうでもなかったです。 
父親の友人農家宅も、家屋・嫁とも小綺麗です。時代は変わったんだなー 

・・・と思ったのですが、仕事でほんのちょっと郊外に出たとたん 
・・・・前言撤回をしなくてはなりませんでしたよ。 

郊外の農家は未だに大日本帝国憲法の下で生きています。 
”贅沢は敵”だし、旧民法のように嫁は無能力者として扱われています。 

家が何故汚いのかというと、既出ではありますが
「掃除する暇があったら畑に出ろ」 
と、家事を優先する者は怠け者呼ばわりなんだそうです。 
「掃除する」「子供をみている」等に置き換わります。 

しかしながら、そのための時間を与えないでいて、家が汚れているのも、子供が怪我や病気をするのも全て嫁の責任になるそうです。 
都合の悪いことはみんな嫁の責任だそうです。 

郊外農家の『うちの嫁は遊んでばかりいる』というのを言葉通りにとってはいけません。 
本当に遊んでいる訳じゃないのです。
家事育児をしているのは”遊んでる”と言われるのです。 

同じ農家でも立地条件により、全然違うんだと思いました。 


295: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 22:52:49
>>293 
祖母が戦時中の疎開先の農家で幼子2人の面倒を見ていたらやはり
「遊んでいる、都会の人はお気楽でいいわね」
と言われたそうだ 
根に持ってるようで孫の私にも
「決して農家に嫁にはいくな」
と言われ続けてた 

当時はそんな差別良くない、祖母最低とか思ってたけど大人になって分かったよ 
農家の人と接する機会があって色々考えさせられた 
マスコミや本の中にドリームが満載なんだね 




228: 農協職員 2005/12/04(日) 16:07:31
私は農協で働いてるけど農協大嫌いです 


229: 名無しさん@HOME 2005/12/04(日) 16:21:56
農村ではエリート扱い。
 
230: 名無しさん@HOME 2005/12/04(日) 18:11:41
つか、田舎だと農協とか郵便局くらいしか安定してる事務系の職場がないのでは?


231: 農協職員 2005/12/04(日) 19:15:57
農協職員はエリートなんかじゃありません 
組合員のふところにだけに寄生するしか活路のない情けない組織です
既契約の共済の契約内容をいじくりまわして時代遅れで高額な購買品を売り 
組合員やその場にいない職員のえげつない陰口や噂話が生きる糧のような連中ばかりです 

私は近いうちに農協やめます 
農協職員だったということが私の人生の中で黒歴史になるであろうことは言うまでもありません 




300: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 00:22:02
コエー!農家マジコエー。 

うちの祖父@90超えも確か農村出身。 
未だに手紙に愚妻とか使ってるし、孫の私のことも「コレ」や「オイ」呼ばわり。 
風呂も石鹸使わずつかるだけ、パンツにいつもうんこついてる。衛生観念皆無。 
むかついていたが、ここ見て納得。 
農家クオリティって実在するんですね。 

303: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 00:56:00
>>300 
>農家クオリティ 
・・・ワロタ 

ちなみに農家文化レベルは昭和20年代くらいですか?


304: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 01:24:13
農家クオリティは存在します。 
うちも農家で、私は跡取り長女だったけど三年前に逃げ出した口。 

やっぱり家の中全体が埃っぽくて汚かったです。
特に、廊下の隅とか細かいところに溜まった汚れが年季を経てこびりついているのが嫌で。 
それに、家族がみんな石鹸を使わなかったですね。 
私はボディーソープ、石鹸大好きだったんだけど、他の家族が使っている形跡が一切なかったのが不思議でした。そのままお湯洗いかよ。 
その上、父は一番風呂に入りたがる癖に、体も洗わずに湯船の中で体をタオルで擦るのが大好きでした。 
もちろんお湯はドロドロで汚れ放題です。
それに文句を言ったら怒られました。 
そんな汚れた家を継ぐ気にもなれず、家を飛び出したのは正解でしたね。 
都会の邦がっぽど衛生的な生活が出来ますから。 


306: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 02:41:29
近所の農家のジジババ見る目が変わりそう。 
農家ウトメ=犯罪者

307: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 03:25:39
そこまで行くのはどうかな。 
このスレも農家全般のスレじゃなくて、あくまで暗部のスレだからさ。 
全部がそうだと言うわけじゃない。 
ま悪い傾向の批判ではあるけど。




265: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 11:58:55
近所の専業農家の長男にお嫁さんが来ることになった。 
今、別棟を新築中。 
お嫁さんになる人が、台所も別にして欲しいと強く希望したとのこと。 
トメになる人が肩をがっくし落としているそうな。 
 
その家は他の家の田も請け負っているし、他にも大規模に畑を作っている。 
トメになる人は「ご飯は嫁に作ってもらおう」と思っていたらしい。 

そのトメになる人だって自分のトメと同居していて、嫁姑の苦労をしてきているはずなのに、なんで同じ事を繰り返そうとするんだろう・・・。


267: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 13:18:50
いまどき専業農家の長男に嫁に来てくれる人なんていないのに、別棟くらい建ててあげるのは当たり前ではないかと思う。 
息子夫婦とは同居したいなんて言ってるようじゃ、息子の婚期逃す。 
台所を別にしたいってのも女性だったら当然だ。 
どうせだったら完全2世帯住宅とかの方がいいね。 
台所が別でも、洗面所やお風呂が一緒なんて嫌だ嫌だ。 
どうせ「嫁子さんには農業はさせません」なんて最初は言っても、そのうち家事や農業や親戚付き合いまでやらされるようになって行く。 

農家ってまわりがみんな親戚とかだったりするし、嫁いびりがひどいのか出て行く嫁が多いし自殺嫁もいる。 
3世代ならではの家庭内のモメごとのせいで殺人もあったり。 
残ってる男性は40近い長男とか。 

この前40近い男性が東京から戻ってきた。 
長男だからって事で親の面倒みるために。 
でも結局仕事も無くて親掛かりで職探し。 
農村部って50年位前の感覚で時間が過ぎている。 
もっと開けた農村もあるんだろうけどね。 

270: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 14:04:52
>>267 
誰だってそう思うよね、普通なら。 
でも「普通」の考え方が通じないのが農家。 
昔のまま時間が止まってていまだに 
「嫁は苦労するのが当たり前。皆そうやってきた」 
「同居して旦那の親を見るのが嫁の使命」 
な世界だからイマドキの娘は逃げるよね。 
仮に旦那が嫁の味方についてもトメが嫉妬メラメラでいじめてくるし。




308: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 04:38:50
漏れは嫌々農家の老夫婦の家に養子縁組をさせられてかなり騙されたよ。 
ババアが死んだ後もジジイから雑用係りのような扱いをされ約束した事は忘れたとか言いやがって給料すら出さない超ドケチ。 
大正生まれの奴らが孫世代と合う訳ねぇけど我慢し続けたけど、あまりにも自己中が増してきたから離縁してやった。 
↑の方にもあったけど、何もかも汚かったよ。




322: 名無しさん@HOME 2005/12/06(火) 13:50:28
239: 名無しさん@HOME 2005/12/05(月) 10:36:35 
うちのトメは、絶滅危惧種指定の良トメ。現在産婦人科の婦長してる。

若いころ農家に嫁いで、そこでトメにとって大トメにあたる半ボケババに、当時2歳だった娘を殺され
(いっしょに出かけて忘れて帰ってくる。たびたびやめてくれ、と言われると逆ギレされ、ある日、やっぱり忘れて帰ってきて、娘は増水した水路に落ちてたそうだ)
離婚したらしい。

5年後に、私の旦那の父になる人と会って再婚したらしいが、子供を持つのになかなか決心がつかなかったらしい。 
「娘が死んだ当時は、大トメを恨み、大トメをかばった元旦那や周囲を恨んだけど、結局娘をちゃんと見てなかった自分がいちばん悪かった。
いい嫁になろうとして、いい母にならず、娘を犠牲にしてしまった。看護婦だったんだから、娘連れて家出ることもできたのに、それもしなかった。 
娘に申しわけないし、こんな自分がまた母親になってもいいんだろうか」
と自問して、旦那生むまで5年かかったらしい。
生まれたあとは生んで良かったと思わなかった日はなかったらしいが、それでも娘のことは忘れられない。 
 
そういうトメは、産婦人科で妊産婦のウトメを撃退する婦長として、頼もしがられている。
産婦の未熟ぶりをバカにするトメには
「最初は誰でもそうです。横からやいのやいの口出すんなら、プレッシャーになるだけだから出てください」
長居するウトメや親戚には
「産婦さんは休むのが仕事です。その仕事の邪魔をするなら出てry」 
 
産婦の旦那のために、父親教室を作り、妊産婦の希望を聞いて、陣痛室から分娩室に入るメンバーも厳しくチェック。 
私が出産のときも、いの一番に旦那がトメに連絡したら、
「私に連絡してどうなるの? 不安なのはあんたじゃなく、命がけであんたの子を生もうとしてる嫁子だろうが! 未熟なりについていてやらないでどうする! それでも父親か!」
と説教して、トメに丸投げしようとした旦那をはたいたらしい。 

もうすぐ定年だけど、いまから嘱託として来てくれと請われているらしい。
年賀状には毎年、赤ちゃんの写真の入った年賀状がわんさと届く
(入院していた産婦さんたちから) 
トメさん、これからもたくさんの妊産婦さんに勇気を与えてやってください。 




354: 名無しさん@HOME 2005/12/07(水) 10:12:43
職場の農家出身男はお兄さんが農業やってるみたいだから長男ではなかったが
来て半年で化けの皮がはがれた。 
 
昨年の野菜の高騰時「ザマーミロ」的な言い草に、周囲は怒りよりその根性悪に驚いた。 
そいういえばそれ以前からも気の毒なニュースの話題になると被害者叩きばかり。 
タイの津波のニュースで「金払って海外で事故にあう馬鹿」って言った時点で皆に無視されるようになった。 
ここでは長男の話が多いけど、農家の息子って長男にかかわらず卑屈で性根も卑しい。 
弱いもの叩きする性根って閉鎖的な地域やつまらない序列中心に生きてきた証拠だと思う。

355: 名無しさん@HOME 2005/12/07(水) 10:23:58
>>354 
私の知ってる農家長男もそうだ 
そこそこ有名どころのリーマンなのにコンプが強い 
上司であろうがなんであろうが影では馬鹿扱い 
うんざりする 
何様だよと思う

356: 名無しさん@HOME 2005/12/07(水) 10:38:18
>>354 
私の元同僚にもいましたよ。そういう香具師。 
かなり昔ですが、アナウンサーの逸見さんが癌で亡くなったとき、 
「あんなデカイ家たてて、金稼ぎまくってるからバチがあたったんだよ。アハハハハハ、ざまーみろ」 
と笑ってた。 
「亡くなった人にそれはないでしょ。それに遊んで手に入れた家やお金じゃないし。人の何倍も努力して働いていたんだから・・・・・」 
と私がなだめると、突然真っ赤な顔で野獣のように怒鳴り散らし始め、それから職場のみんなに無視されました。 
でも、すぐに辞めるかなと思っていたけど、辞めなかったね、そいつ。 
ちなみに彼、Q州地方出身の農家長男でした。 
なんで都会にいたのかはわからんが。

359: 逃げ嫁3 2005/12/07(水) 10:45:54
>>354  >>355  自分以外はみんなバカ 
彼らは本気で思っています。 
元義実家もそう。対外的にはニコニコ調子合わせますが、家の中に入ると罵詈雑言の嵐 
ニュースを見れば、すかさず事件の被害者
『やられる方が 悪いんだ/バカなんだ よな!』 
病気事故等不運な人を見れば(不要にも)嘲るのは常。 

しかし自分が何らかの被害にあったときは、完全に他者のせいにして粘着なまでに攻撃。 

結婚するまでは私も、外の人だったので、普通の会話してましたが、結局元夫の外面性格がスキになっただけだったんだな~と。ショボーン

360: 名無しさん@HOME 2005/12/07(水) 10:48:21
いたなあ、そう言う奴。
派遣で来た、ものすっごい美人の子にいれあげて、傍で見ていても恥ずかしくなるぐらいのアタックぶりだった。
 
美人派遣さんは、そういう経験何度もしてるからかさらっと流してたけど、勝手にヒートアップして、クリスマスに勝手にディナーとホテル予約。
美人派遣はにこにこしながら
「すみません、イブもクリスマスも、両方とも婚約者と過ごす予定ですので」
と指環きらめかせた。 
あとで聞いたら、婚約者なんていなくて、指環も昔の彼からのプレゼントだったらしいけど。 
客観的に見ても、美人派遣さんは愛想はよくても、思わせぶりな態度や発言は一切しなかったのに、どうして脳内で勝手に婚約寸前まで言ったのかわからない
(デートもしたことない、食事の他の同僚と大勢のランチが2,3度だけ) 
 
「婚約者発言」のあとは、手のひら返したように拗ねた冷たい態度になり、いままでは用もないのに美人派遣のもとへ来て、しょちゅうしゃべっていたのが来なくなり、ついでに必要事項まで伝えなくなり、上司に注意されて、またさらに拗ねまくっていた。 
 
女子同士同僚たちは、美人派遣が何かされるんじゃないかと心配していたが
(美人だけど中身は体育会系のざっくばらんなタイプだったので、女性にも好かれていた)
あるとき、美人派遣の兄だと名乗る、見上げるようなデカイ大男が来て、
「いつも妹がお世話になってます」 
と言い、刑事だと名乗ってからは、いやがらせもなくなった。 
 
美人派遣さんは半年ほどで惜しまれつつ辞めていったが、男の方は
「あの美人派遣より美人の嫁をもらう」
といきまいていまもいる。




352: 名無しさん@HOME 2005/12/07(水) 08:36:23
農家の人のHPで土地税制について書かれた部分があり興味を引かれた 
http://www.angel.ne.jp/~uenoen/text/zeisei.htm 

曰く、農家は子々孫々農業を継がなければ土地を維持できない税制になっている 
故に長男には職業選択の自由はない。 

さらに付け加えると農業者年金も後継ぎがいないともらえない。 
あの手この手で長男に継がせようとするのも女性を騙してまで嫁を娶らせようとするのも原因はここいらにあるのでは? 
嫁に男の子を望むのもこういう制度も絡んでのことだろうな。 
農家にとって土地と家を維持するのが最大の命題なんだから。 
いずれにせよ農家の「俺は土地を沢山持っている」は砂上の楼閣を自慢するようなものだな。滑稽だw 
 
353: 名無しさん@HOME 2005/12/07(水) 08:47:40
農業用地を農業に使わずに持ってると税金が高くなるからって理由で家庭菜園に毛が生えた程度でごまかしてる農家もいるしね 
土地があるので貸せばいいとかいう意見もあるかも知れないけど農地がある所なんて土地あまりだから借り手つかないもんね 
東京の農家は例外だろうけど

370: 逃げ嫁3 2005/12/07(水) 11:41:23
>>352 サイトの人はとても都会に住んでいるらしいな。 

田舎じゃ農地10aで100万なんてあり得ない。 

実際、偽実家は農地1haと住宅350坪、店舗100坪程度併せて固定資産税年間20万以下でした。 

固定資産税がネックと書いてあったのは、所得税・市県民税は払っていないか非常に少額だったのでしょうか。 

今まで農地は、農家同士でしか売買出来ない仕組みになっていましたが、他業種から農業への転業希望者も増えているので、現在では非農家でも、農業をする前提であれば、農地を購入することが出来る制度が出来つつあるので、農業やりたくなかったら、売却処分したって構わないような気がする。 

実際農家でも土地を売却しているわけだから、売れない訳じゃないでしょ。 

農業離れに歯止めをかける為に農地から宅地へ変える事は規制されているのも事実ですが。 

農地は価格が安いから固定資産税も安いと思ったけどな。 
元夫に前に聞いたら、農地の地価は数千円/坪(!?)だとか 

同じ場所でも田・畑地から宅地に地目が変わると価格が変わるので税金も高くなるはずなんだけど 

記憶違いだったらスマソ。つうかスレ違いかも・・・スマソ 




457: 名無しさん@HOME 2005/12/09(金) 19:21:09
そういえば近所の農家の息子が付き合ってる女性を連れてきたらしい
息子命母が
「あんな細っこい体でうちの仕事なんか務まらないわ!」 
と文句ばっかりつけていた。
(こき使う&いびる気マンマン) 
しかしそれを逃すともう嫁は望めないのでは?とオモタ。 
息子はベタベタするキモ母に心底嫌気がさしてる風だった 
尻を触ったりキスしたりしたがるらしい。 
ちなみに母、超デブスw 
息子は痩せてるが推して知るべしレベルなのだが 
「うちの○○ちゃんいい男でしょ!」
と自慢しまくり。 
もうね、アフォかと近所の人も相手しない。




504: 名無しさん@HOME 2005/12/11(日) 10:36:24
おかしい農家って、戦前まで土地持ってない小作が戦後の農地改革で急に土地持ちになって舞い上がっちゃて今に至るって連中なのかなw 

土地持ちで人を使ってた農家は(戦後地主なんとかで土地没収されて今は少ない)人を使う立場になる人間が無学では困るからって、子供達にはしっかり教育受けさせたし防犯意識も有り(財産あるから) 
必要最低限のコトが出来ないのは恥って言って家事他、躾もしっかりしてた 

権利=責任 だから長男だからって甘やかしはしない 
ダメな供は容赦なくたたき出す(そうしないと家が没落するから) 

暗部農家とは大違い
 
505: 名無しさん@HOME 2005/12/11(日) 11:03:29
>504 
うちの近所はそうだ。 
元大地主の家の人達は穏やかないい人達、他人の悪口なんて言わない。 
でも、元水飲み百姓の家の人達は、他人を妬んだり悪口を言ったりし放題。 
生まれが悪いと言うのか、育ちが悪いと言うのか。
 
506: 名無しさん@HOME 2005/12/11(日) 11:46:40
友達が嫁いだ豪農もそういう穏やかな人たちだった
(酒蔵のあるところだった。門から本宅まで車で3分という家)
遊びに行かせてもらったけど、挨拶したあとは友達が建ててもらった若夫婦用の家に行って、あとは干渉なし。
友達の長男が跡を継ぐことは決まってたから、土地にあるものはたいがいいずれ若夫婦のものになることは決まっていて(藏もあった)、コトメコウトもそれは承知。 
かわりに、現金とかそこ以外にある土地とかをコトメコウトは生前贈与されていた。
 
507: 名無しさん@HOME 2005/12/11(日) 12:21:15
>>506 
そのくらいのモノを持っていて初めて「跡継ぎ」云々言って欲しいよね。
シミッタレタ家と二束三文の土地なんて、お金もらっても(゚⊿゚)イラネ

528: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 00:53:22
>504 
もう一つ例を。 
地主だった先祖は明治時代に女も当然のごとく女学校まで出てたよ。 
畑を耕したなんて聞いたことも無いし、学校の校長とかが職業だった。

530: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 01:06:58
>>504 
一概には言えないだろうけど、英国のジェントル階級と同じで、社会的な責任があるもんね。 
宮沢賢治みたいな青年も育つ素養はあるよね。 
経済的に豊かなら、ヨーロッパの農民のようにおしゃれな生活も可能なんだが。

535: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 08:02:06
>>528 
うちも同じく。
曾祖母は女学校出なので毎日ふつうに新聞読んでてそれが当たり前のことだと思っていた。
手紙もすらすら書いてたし。 

自分が就職したとき、職員は近郊農家の次男、三男が多かったんだが、かなりの割合で、自分の名前以外の漢字が書けない人がいて(住所も書けなかった)ものすごくびっくりした。 
肉体系の業務する人たちだったからそれでもなんとかなってたんだが、あの人たち間違いなく戦後教育を受けているはずなのに、どうして?という疑問が今もある。
 
536: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 08:11:42
>>535 
失礼だけど、お年はいくつ?
 
537: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 08:34:23
>>536 
年はあかせませんが・・・・ 

今 現在 の話です。おそろしや。 

これだけ書くと肉体系職場に偏見を持たれそうなので。 
本人学歴なし、肉体系職業ウン十年って人でも、頭はすごくよくて、子供にはきちんとした教育を、という考え方の人もたくさんいます。 
子供が灯台、鏡台というのも結構ざらです。 
職場が都会のほうにあるからかもしれませんが、思考はわりと柔軟な人が多いです。




508: 名無しさん@HOME 2005/12/11(日) 12:56:43
小作のネタがあったんで、思い出しました。 

もう鬼籍に入っている、じい様の話。 

家が貧しい小作だったので学校へも行かず 
(尋常小学校ぐらいはでたであろう、字は読み書きできたし) 
がんばって土地持ちになった。
ただし本心は学校に行きたかったらしく息子(伯父)にはせめて中学ぐらい出て欲しいと旧制中学は行かせた。 
大学へという考えは当時なかったらしい。
で、伯父とじい様はさらに働いて太平洋戦争がはじまる頃にはひとかどの農家にはなってたらしい。 

こんなじい様と伯父は、伯父の嫁を迎えるにあたり、頭のいい嫁じゃないと嫁として勤まらないと女学校を優等で卒業した人を探した。 
農家だから苦労するだろうが生活には不自由させないと渋る伯母を口説き落としたらしい。 

生活は質素だったが ケチではない、使うところにはきちっと使う。 

まだ続いてますよ、お金持ちのままで。
やっぱり小作上がりと経営理念のある農家はぜんぜん違うんだなと思います。 


509: 名無しさん@HOME 2005/12/11(日) 13:10:19
それはもう小作だからとかなんとかじゃなくて人柄の問題では。




539: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 09:24:15
地域の農家の話。 
親が「○○高校に行かせたい!」(一応地元進学校)と強く願っていても子育てを傍で見てる側からすると、絶対無理だろーと思う。 
小学校低学年の頃から勉強に問題ありで個人懇談の度に担任からキツく言われてるはずなのに教える時間がない、塾はまだ早い、で放ったらかし。 
中学校に入りやっと気付いたようで補習塾に通わせ始めた。しかも学費の安さで選んだビミョーな塾。 
どれだけ効果があるのかわからないけど、小学校の勉強からやり直す事を考えれば遅すぎたな・・と。 
玩具はあるけど本のない家だったしなぁ。 

540: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 09:37:25
>539 
うちの親の実家のあたりは近郊農家ばっかりだが県自体はそこそこの教育県。 
公立も中の以上ならそこそこの私大もいけるくらい。 
それなのに農家は子どもを長男長女だからって高校はそれなりに行かせても通学可能な知名度0の新設私大にやってつぶす。 
「就職なかったら跡継げばいい。」
と入学したら親戚一同で祝い金 
こづかい増額、車、コネで知り合いのところでのバイトでスポイル。 
それでも親の同級生なんかは中卒高卒がデフォだったらしいのでマシになったというべきなのかな?
 
541: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 10:55:41
某地方の国立大学農学部の話ですが、卒論を書き上げても、就職が決まらない地元学生に教授が
『農協から学生を紹介してと、前々から言われているんだが、今まで来手がなくてね。 
君、就職決まっていないそうだけど、農協、行ってみない?』
と、声をかけてたよ。 

農協職員は殆どコネみたいです。金融窓口以外は試験等無い。 
 
542: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 17:07:53
そんなに勉強の出来なかった中学の時の同級生農家長男は嫁取りの為に聞いたことないFランク大に親が借金して行かせたらしい。 
長男の俺様に親がこんなに金かけてくれたんだとわけわからん自慢を同窓会でされたことがある。 
なんとか大学で彼女を見つけたのはいいが、婚約時、同居・家事・大トメ介護・農作業・家新築の為の外貨稼ぎを要請したら逃げられたそうだw
 
543: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 17:14:59
そりゃ逃げるわ・・・ 
逃げない方がおかしい

544: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 18:29:19
>同居・家事・大トメ介護・農作業・家新築の為の外貨稼ぎを要請 

これで逃げない人はいないだろ。もし「私は逃げないわ」って人がいたら手を挙げて~
 
545: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 18:43:47
強欲な坊主だよね。
実家も家族も離れたくない、で、嫁もほしい。 
嫁が来るからには、滅私奉公で働いて尽くしてほしい。 

二人きりの幸せのためなら、嫁だって、がんばるエネルギーが出るだろうけど… 

546: 名無しさん@HOME 2005/12/12(月) 18:46:31
あ、坊主と書いたのは、ぼくちゃんの意であって、宗教行事に携わる人とは関係ありません。 

読み直して「強欲」と「坊主」はなじみが良すぎることに気づきました。




565: 逃げ嫁3 2005/12/12(月) 22:51:13
うちの父親の実家が元農家でした。 
父方祖父母は子供を大学に行かせるために農地を売って勤めに出るようになったので、農家じゃなくなりました。 
長男の伯父は、大学からそのまま東京にとどまり、ずっと東京で暮らしています。 
次男の父は、母と結婚し、婿養子になりました。 
長男教など聞いたことなかった。 
父方祖父母は、内孫も外孫も男女も分け隔て無くかわいがってくれた。 
三男の叔父が結婚した頃には、祖母は病気であぼーんしていたので、嫁いびりというものは見ることが無かった。 
↑叔母は東京生まれ東京育ちですが、今でも叔父と仲良く暮らしてます。 

母の生まれは漁師町でしたが、工場が出来たので、皆漁師は廃業。会社員ばかり。 
母方親戚は商売をしている人ばかりで、農家を知らない。 
父は自分の家が(大学進学は別として)普通の農家の家庭だと思ってました。 
祖父は休みの日は家の掃除を手伝っていたそうです。 
共働きだったので、男兄弟でも、夕飯当番をしたそうです。 
長男が特別扱いされたふうでもなかった様です。このスレの農家みたいに土地に執着してませんでした。 

父の同級生友人農家も似たような感じだったそうです。 
父の友人農家、嫁さん元気だったし、元銀行勤めだったウチの母よりオシャレでキレイだったし。 

このような農家の恐ろしい実態は、戦前の話だと思っていました。 
私親子は世間知らずですたね・・・。ショボン 




566: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 00:08:02
友達が戻ってきた。 
鬱になり、やせ細って、一文も与えられずに。 
旦那やはりDVらしい。 
たくさん土地あるお金持ちの農家のはずなのに。 
贔屓目じゃなくても、優しく気の利く素敵な女性なのに。 
なんでここまでやつれてるんだ。 
驚きとショック。 
すごく悔しい。 
ここ読み直して、向こうが負担と思わない範囲で、できる限りケアしていきたい。




573: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 09:10:01
今朝ラジオつけたら
「21歳の息子が婚約したのが我が家の一番のニュース。
農家の嫁不足が言われて久しいですが、我が家は安泰です!」
というお便りが読まれてた。アナは「オメデタイ」と言ってたけど、私はまた不幸な女性が…と爽やかな朝を台無しにされた気分だった
 
574: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 09:16:29
「我が家は安泰」じゃないだろ (プ 
「嫁子に介護させて息子に生活費たかってアテクシの老後は安泰よ」 
なんて思ってるんだろうけど嫁は逃げることもあるって忘れてないか?って言ってやりたいな。
 
575: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 09:29:28
息子が21なら嫁になる人もきっと若いね。 
何もわからないうちに騙されちゃってる悪寒。 

大丈夫だよ人生まだまだやり直せるよ 
この過ちを胸に大きく成長して新しい人生で羽ばたいてね 
って数年後の彼女にあらかじめ言っておきたい。
 
576: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 09:56:35
つうか今時21歳で農家に嫁行くって出来婚じゃなければよほどの高卒ヤンキーかアレな人でしょ 
3年経って逃げ出さないようだったら、他にどうしようもないデブスで従順な農家や農村の都合のいいタイプい育つかも 
農家の嫁不足=農家は嫁の墓場、奴隷、なんて20年ぐらい前からもう言われていたような 
まあそんな20年前ならともかく、今時農家に嫁に行くなんてよっぽど世間の情報から遮断されて生きてきたとしか思えん
 
577: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 10:25:17
573 
ある意味「オメデタイ」人かも・・・ 

21歳なら、逃げ出した後のやり直しも早いでしょう
 
578: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 10:59:23
21歳息子が親に似ず超カッコイイ男なのかものかも。 
女の子にしてみれば「憧れの○くんと結婚!」と浮かれてて同居・介護・農作業などの話は聞く耳持たない状態だったりして。 
でも実際の息子は、昨日のキスイヤの四股男のようなアホ顔のしょーもない男だろうと予想。 
 
579: 名無しさん@HOME 2005/12/13(火) 11:05:12
田舎ってヤンキー馬鹿がもてるからね




580: 逃げ嫁その2 2005/12/13(火) 11:09:29
旧姓を証明するために、結婚していた頃の(自分が除籍された)戸籍謄本が必要だったので、郵送で取り寄せたら、騙されやすい嫁3人目が居た.....○| ̄|_ 
嫁たちの旧本籍地を見ると、農家を知らない街の人ばかりだたよ。




(※編注:スレが荒れた後…)

737: 逃げ嫁1 2005/12/14(水) 17:53:10
あら、旦那・子供とお出かけしてた間にのびてますわねー。 
ワタクシが農家嫁している間たったの一円もお給料頂けませんでしたわ。
土日も出てましたし、かなり売り上げがあった筈ですけどね。 
それから実家に帰るのは盆暮れだけにしろとかほざいてましたね。 
朝から晩まで監視されて好きなことも出来ない。 
仲のよい友達と話も電話も出来ない。
(横で聞かれてるし) 
「嫁が知恵をつけるとろくなことがない」
と、本も読むなですって。 

当たり前のことを当たり前にさせて(して)くれるのでしたら、私も逃げなかったんですけどね。 
一生添い遂げるつもりだったんですけど残念です。 
せめて給料と休日はとらせるようにしないと誰だって逃げると思いますよ。 
それから、私は農家は継がないと堅く約束して結婚したんですが籍いれてすぐに会社辞めて来やがりましたよ。 
こういうウソがまかり通っていることも世に知らしめていかなければ。 

そうそう、結婚前の約束どおり別棟建てて専業主婦させてる農家さんは今でも嫁さんが逃げてませんねぇ。
ご参考までに。 

私はどんなに悪く言われてもかまいませんが嘘だけはついてませんことよ。 
ここでもね。 




793: 名無しさん@HOME 2005/12/15(木) 11:00:45
自分は、仕事柄農家を見ることも多い。 
その仕事で相手をするのは優良農家と言われる人達。 
新しい技術や方式を取り入れ、低コスト、低労力で収穫量をあげようとしている。 
そういう農家は概して嫁がいるんだよね。 

また、小さい農家でも幾つかの農家が集まって新しい方式を試している所もある。 
こういう新しいものを研究して取り入れてるところは、経営規模が小さい農家であろうとちゃんと嫁が来ている。 

今や、ちゃんと取り組んでいる農家は低労力を目的に頑張っている。 
おかげで、夫婦で旅行に行ったりすることが出来るようになってきてもいる。 
だから、嫁に給料なんて払わないとか、休日なんかあるわけないとかもう通じなくなってきている。 

なんか、書いてて自分でわけわかんなくなっちゃったけど、嫁が来ないのは自業自得なんだよ、と声を大にして農村の中心で叫びたい。




805: 名無しさん@HOME 2005/12/15(木) 14:17:54
二重生活してる兼業農家の奥さんが言ってたこと。 
(農村と都会で生活。都会の方で会社経営) 

「農業も家庭もうまくいっているところは、親子別に住んでる。 
子世帯のお嫁さんは、農作業をする必要などない。 
世代交代しても農業をしているなら、誰だって豊かになりたい、お嫁さんも参加するようになる。 
若い人は、上の世代が思いもしない斬新なやり方を考えつくしね」 

だから上の世代はゴチャゴチャ言わないのが一番、とのこと。 
いろいろ見てきたようだし、自分たちも様々あったんだろう(だから二重生活) 
そこの息子さんは、農業も会社も継がずに医者になってた。




884: 名無しさん@HOME 2005/12/17(土) 09:17:17
http://www.tochigi-med.or.jp/~shioya/m_watch/m_watch.cgi?action=html2&key=990801151628 

弁護士さんには是非これを。 

>素朴だの朴訥なんて物は、都会人の虚しいロマンに過ぎません。 
>無医地区には、必ずその地区で生まれ育った若者ですら、 
>耐えられなくて都会に脱出する原因となる因習が存在し、 
>医師が行った当初は歓迎されても、半年経たないうちに、医師はその因習と戦わねばならなくなります。


883: 名無しさん@HOME 2005/12/17(土) 08:29:45
田舎の因習や隠蔽体質ってのは怖いよ。 
近くの農村で事件多い。 
嫁の自殺とか殺人とか家出とか。 
そしてこういうのが起きると「嫁が悪い」って事になってる。 

あと精神疾患の人が結構いるのを知ってる。 
精神疾患の原因に家族の過干渉とかあるみたいだけど、3世代同居とかによる家族の不和とかもあるんじゃないかな。 

自分達の農村から出てよそに住んでる人に冷たいし。 
農家の人は自分達の世界がグローバルスタンダードだと思ってるみたい。 
いやいや、参っちゃう。 

885: 名無しさん@HOME 2005/12/17(土) 09:19:29
>>883 
このスレでも精神疾患についての話題が出てたよね 
実際に田舎で暮らしてみないと分からないことなんだけどあるんだよね・・・

891: 逃げ嫁その2 ◆OP7TuVqcQA  2005/12/17(土) 17:43:40
>>884 
読んでみました。実際、医者の跡取り息子医師が逃げ医師になりましたよ。 
まあ、逃げたと言ってもちょっと開けた隣の市ですが。 
 
その小児科医は時々子供がお世話になってました。 
診察は慎重で、休診日には母校の大学へ行くという勉強熱心で、 
『お子さんの容態が変わったら連絡下さい』と、自宅の番号まで知らせてくれる気遣いの有る医師でした。 
最初は親子で同じ診療所でやっていたのですが、移転し、親子別々で開業するようになりました。 
親医師→態度巨大、ジジババから絶大支持。
息子医師→親切、子供向け、でした。 

 
>>885 
田舎はお産以外で婦人科にも行けない位な状況です。
精神疾患者でも病院に行かせてもらい無いと思われ。 
ただの更年期欝などでも精神科へ一度でも行ったら、あの人はキ○ガイだから・・・と、言われます。 
どうみても行った方が良さそうなヤバイ人でも通院はしてないのが事実です。
 
892: 逃げ嫁その2 ◆OP7TuVqcQA  2005/12/17(土) 17:54:11
田舎の隠蔽性質の一つですが、2~3歳児以下程度の小さい子供(言葉で言っても理解できない位)は、恥ずかしいから外に出すな。人の目に触れないようにしろと言われます。 
子供が不快で泣いたりするのはある意味普通で当たり前なのですが、来客(と言っても大した客ではない)が有ると、みっともないから子供を奥の部屋から出すなと言われました。
子供が失敗しながら人との関わりを持つ事は必要だと思うのですが、子供の失敗→恥と過剰に考えているようです。 

幼い子供でもそんな扱いですから、精神疾患患者の家族の居る家は、ほぼ監禁に近い状態です。 
都市部のように、病院や養護施設に通わせて社会に適応させようだとかそういう発想は無く、ただひたすら隠すようです。 




909: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 11:14:55
話し豚切り&一人ごとだと思って聞いてくれい 

知人は公務員嫁なんだが、ダンナ実家がここに出てくるような暗部農家 
彼女のブログはここに出てくるような内容が書かれてる 
ダンナもリーマンとはいえ、農家ダンジー気質(次男だが) 
ブログで本家近くに住む分家嫁は大変と、ぐずぐず文句タレながらも分家嫁を続けている 
中学生の娘が、臭いモノ蓋体質の母の歯がゆい行動見てゆがみそうな予感がブログから伺える 

こんな知人は東京から30分の千葉県柏市在住であるw 

何が言いたいかって言うと 
“暗部農家は東京から遠い地方にだけ居るわけじゃない!” 


912: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 11:29:31
柏は上野から30分で、都内というだけなら20分かから無いくらいじゃないか? 
駅周辺はは栄えていて大きな繁華街という感じだ。 
奥地にいけば農家もあるが、奥地ははっきり田舎という感じだな。 

と千葉県民が補足してみる。

913: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 11:33:08
松戸や柏は梨農家中心に農家が多く田舎だと思う。 
浦安だってネズミーランドの近くには田畑が一杯だ。 
と、浦安市民が更に補足してみる。

915: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 11:36:26
ごめん、間違えた。 
×ネズミーランドの近くには 
○ネズミーランドの近く以外には

916: 912 2005/12/18(日) 11:36:42
千葉は農家とそうではない家とがうまく混在しているからな。 
農家は農家で歴史が古く濃い。 
そうでない家は他となんらかわりない普通の生活。 
だから余計に外から見れば農家の暗部が見えにくい土地であると思う。 
そういうところのほうが嫁ぐ立場の人には恐ろしいかもしれない。




935: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 14:42:47
農家の常識:6時起床(農繁期には4時とか・・・)就寝9時前 
いきなりアポなし訪問当たり前(農家は外出しないので常時家か畑なのでアポは必要ないらしい) 
土日休日関係なし 

学生時代に農家同級生宅に夜の8時半に電話したら
”何時だと思ってんだ!非常識な” 
と怒られますた。 
突然家にやってきて、出かけるから・・と断ると
”わざわざ用が有るから出向いてきてやったのに” 
と、こちらの用事外出を妨害する。 
自分たちの都合のみに合わせさせようとして、こちら側の都合には一切合わせないので、結局そいつから皆離れていきましたけどね。
 
936: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 15:00:17
そいつの元々の性格がよろしゅうないのかもしれないけど 
農家やその環境が子供をそういう性格に形成していくかと思うと悲しいね、可哀想だね 

田舎モンとか農民って、最初は普通の日本人よろしく人当たりいいけど家族になったり仲間意識が出ると途端に無遠慮で図々しいカスになるね 
だから最初にお嫁入りしようとして挨拶に行くと物凄く好印象なのに結婚して実家に入った途端奴隷になる。文字通り「農家の嫁は奴隷」になる 
最初に無愛想にしてつっけんどんにして「ヤな態度」取る農民は正直まだマシかもしれない


937: 逃げ嫁3 ◆CuZX6wL85o 2005/12/18(日) 15:19:07
>>936 
>だから最初にお嫁入りしようとして挨拶に行くと物凄く好印象なのに結婚して実家に入った途端奴隷になる。文字通り「農家の嫁は奴隷」になる 

その通り。同居してしばらくしてから
『嫁に貰ったならば、こっちの物だ。煮て食おうが焼いて食おうがこっちの自由・・・』 
とウトがよく言ってました。 

・・・モノじゃねーよ...orz。 
 
938: 逃げ嫁3 ◆CuZX6wL85o 2005/12/18(日) 15:28:26
『嫁いだならば夫に仕え、舅に仕え、姑に仕え・・・』
が口癖だったウトの恐怖な話 

近所のオバサンが若い頃、妊娠中でも食事を満足に食べさせてもらえなかったらしい。 
ある日空腹に耐えかねて、トメに”犬にやれ”と言われて渡された残飯を、こっそり隠れて食ってたらしい。 
・・・それに比べたら、食事が満足に食べられる嫁は恵まれている。
ご飯が食べれれる現状に感謝しなければならない。 

・・・だそうだ。残り物処理という部分では、そんな変わらないような・・・


939: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 15:31:59
まあ「ごはんが食べられるのに感謝」というのは、受け取るものが言う言葉であって人を奴隷扱いしてロクに嫁に給与も支払えない貧乏ケチウトが言う台詞ではないわな
 
940: 名無しさん@HOME 2005/12/18(日) 15:37:36
犬のエサと比較されちゃあなぁ・・・ 
衣食住と言うけど、衣の保証無し、住は安らげる居場所無し、有るのは食と職(無休で無給)だけで感謝しろと言われても無理な話




980: 名無しさん@HOME 2005/12/19(月) 21:31:27
自分は農家じゃないんだけど・・・・。 
近所農家で、結婚しても子供が出来ない夫婦が居ました。 
奥さんは、子供が産めないカタワ呼ばわりされ、婚家皆からイジメられ、精神的にも追いつめられ不調をきたし、結局カタワでキチガイと言われて一方的に離婚され追い出されました。
その後、精神を病んだその人は自殺してしまったそうです。 
間もなくそこの家に何も知らない都会から来た後妻が嫁いできましたが、やはり子供が出来ませんでした。 
よくよく病院で調べたら、不妊の原因は、男性側にあったそうです。 
一人目奥さんの時にちゃんと調べたてたら、こんな事にはならなかったのに、一方的に嫁が悪いって発想が農家的 
 
そんな事が有ったので、そこの家の弟達には縁談が来なくなり、毒男のまま後継者も無い。

982: 名無しさん@HOME 2005/12/19(月) 23:43:13
>980 
これは知り合いの助産師さんから聞いた話 
濃化の人はは「出てるんだから子種はある!」といってきかないこともある。>男性不妊 
しかも診察や治療は恥ずかしいしお金かかるからって助産師に知り合いがいれば「ちょっと聞いてくれや。」と相談。 
「彼らの脳内では子ども作り専門家ってなってるけど、私はできた後からはじまって産ませるのがメインなんだが。」
と彼女は苦笑してた。 
ただ、昔はその濃化の嫁達の家族計画の助産師が指導をしてたから、トメ世代は子作り=助産師ってイメージみたいだね。 
もちろんそういう保健活動が必要だったのは中絶が多い上に母体の管理が悪いせいでの妊産婦や胎児&赤ちゃんの死亡が多かったからなんだけど。



侵入者―イントルーダー