【バイブル】農家の暗部 Part63【家の光】 より
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1135062715/

970: 名無しさん@HOME 2006/01/28(土) 23:58:37
こんなスレあったんだ。
恐怖体験書いてみます。 

当時19歳。
大学の時にバイト先で知り合い、付き合った男が脳家長男だった。 
夏休みに男の実家に遊びに行く事になり、旅行気分で行ったら最悪でした。 
行ったら、法事で親戚一同が集まっていて、見世物のように扱われ もうヤったのか、等の失礼な質問攻めにされた。 
 
その後、法事~宴会の最中は
「あんたはまだ家の者じゃないから」
と言われ二階の1室に入れられ、呼ぶまで出てくるなと。 
結局8時間以上そのままで、食事や水も飲めなかった。 




深夜になり、赤い顔をした男が部屋に来て、押し倒された。 
拒否ると、なにかぶつぶつ言いながら、そのまま寝てしまった。 
男の家族に食事や水をねだる事もできず、朝まで眠れなかった。 
翌朝、帰りたいと言うと
「まだ帰る日じゃない」
と取り合ってもらえなかった。 

台所仕事の手伝いをさせられたが、台所の汚さにゾっとした。 
シンク全体がぬるぬるした何かで覆われていて、出しっぱなしの食器に細かいホコリ(?)が。 
男の母と姉に
「お腹すいたからって、つまみ食いは禁止」
等とニヤニヤ言われた。 
 
その後も、何となく外へ出さないようにしている空気が感じられ、とにかく怖かった。 
都内に居た時とあまりに違う男の態度と、男家族が恐ろしく、結局、小さいバッグのみを持ち、そっと家を出た。 
広い道路への方角を覚えていた為、そっち方向に行き、たまたま来たバスの運転手に駅への行き方を聞いて帰ってきた。 

その後、今でいうストーカー的行為をされたけれど、親元から、大学の女子寮に引越して逃げました。 
未だに男一家が、なにをしたかったのか分かりません。 
ネタ臭く思う人もいるかもしれないけど、全て実話、20年近く前の話です。


972: 名無しさん@HOME 2006/01/29(日) 00:00:19
>>970 
男一家がしたかったこと、嫁イビリの予行演習。 

973: 名無しさん@HOME 2006/01/29(日) 00:04:45
>>970 
いえいえ、ネタなんて思いません。
だって、このスレがここまで続いてて、
いろんな体験談(実話)を見てきてるし。 
 
それに、私の実家の隣村wでは、見合いで拉致されたお嫁さんが女の子を続けて産み、3人めも女の子だった時、
「昔だったら産婆が縊ってくれたのに今は病院だからでけん」 
と言われた
と言う話が、つい10年ほど前の事実ですから。 
その後、案の定離婚してお嫁さんは逃げたけどね。 

でも、とりあえずあなたも無事に逃げられて良かったですね。



実話が怖い! ミミの怪談―怪談新耳袋 (MFコミックス)