356: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)19:56:15 ID:yMy
うちの兄も、母親の言うことを真に受けて
「帝王切開は楽でナマケ」
だと思ってた。
母は、親としては普通の愛情深い母だけど、姑としてはクソトメ。

兄は義姉が入院中、
「ハズレをひいた」
とか
「ナマケ嫁」
とか言いまくり、退院後も、夜泣きを
「うるせえ!黙らせろ!!」
「こんな泣き方するのは異常だ!本当に俺の子なのか!うちの家系にかたわはいない!」

↑は全部母の入れ知恵で、
「毎晩しつこく夜泣きするなんておかしい」
「お兄ちゃんの子じゃないんじゃないの、うちにかたわはいない」
と吹き込んでいたから。
このあたりの事情はあとでわかった。




357: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)19:56:33 ID:yMy
義姉は産後鬱もあってか、しばらくエネme状態だったみたい。

でもある日、そろそろ夫婦生活復活してもイイヨーとなって、兄が義姉の体を見て一言。
「なにこのデッカイ傷!!いつ切ったんだよ!!」
と叫んだのを聞いて
ズドン
と冷めたらしい(効果音:義姉談)。
義姉は実家へ帰った。

義姉実家で
「帝王切開はナマケどころか大手術だ」
と聞かされ、傷跡もあらためて見せられしおしおになった兄、土下座しまくった。
「傷を目にしなきゃ帝王切開がどんなものかわからないなんて、想像もしなかった。
もっと早く見せればよかった」

義姉談。

母の嫁イビリがこの時点で父や私や弟にもバレた。
義姉と母は疎遠になったけど、やっぱりうまくいかなくて兄夫婦は離婚した。

兄はその後、私が産んだ子に
「老後の面倒をみてもらおうかな」
と言ったので、やっぱり疎遠にした。
冗談のつもりなのかもしれないが、笑えないし。

358: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)20:10:49 ID:yMy
356追記。

うちの曽祖父は夏は農業して冬は出稼ぎした世代。
曽祖父が兄のこの話を聞いて、
「おらでーの頃はカカに楽させたい一心で、出稼ぎの金で炊飯器だの洗濯機だの競って買ったもんだど、若いもんはカカに楽させてど思わねんだな」
ってシュンとしてた。
兄は言いわけしようと
「ナマケだと思って…」
と言ってさらに曽祖父をシュンとさせていた。

曽祖父が言いたかったのはと利便性重視と怠惰は違うってことだったんだけど、兄には通じなかったみたいだ。


359: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)02:15:37 ID:71p
>>358
凄く理解ある嫁思いの優しいじぃちゃんなのに(三種の神器?世代のせいもあるだろうが)次の世代には受け継がれていかなかったのね
なんか悲しい顔の曾祖父が浮かんでこっちまでシュン…となってしまったわw

360: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)07:19:36 ID:mq5
>>358
まともすぎるくらいの爺様なのに、ひ孫(兄のみ)はまるで膿家脳
母親の影響もあったとはいえ、報告者さんとかまともな訳だし、それだけとは思えないわ
義姉さんも報告者さんも疎遠といわずきっちり縁を断ち切って逃げて欲しい



心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)