237: 名無しさん@おーぷん 2015/10/24(土)10:25:11 ID:Y1V
最近ネットでエネmeという言葉を知り書き込み。
差別・胸糞注意。
三十ウン年前の農村での出来事。

Aさんという嫁がいた。
その農村は嫁いだら義親の介護+家事+農作業あたりまえ。
夫は冬はする事がないからと都会へ出稼ぎ(という名目の夜遊び+賭博)。
その間嫁は義親+義弟や妹と住んで家事全部やって…というのが標準仕様だった。

三十年前にはその価値観は崩れかけていたのだが、Aさんがエネmeの鑑というか、何されても文句を言わない人で、ひたすら黙々と婚家に仕えていた。
よくしゃもじで叩かれているのを見た。




まわりの嫁は皆
「Aさんを見習え」
と言われ、夫に
「あーAさんと結婚すりゃよかった、ハズレひいた」
と言われ。
渋々
「まあAさんもやってることだし…」
と姑に従っていた。

Aさんは重労働を押しつけられていたからか3~4回流産してたのだが、ある時出産まで無事こぎつけた。
でも生まれた子が1歳か2歳になって、普通の子と違うのでは?と疑いが持たれた。
病院で診断を受けた結果、子供は知的障害があった。
母親のAさんも軽度の知的障碍者だとわかった。

238: 名無しさん@おーぷん 2015/10/24(土)10:25:31 ID:Y1V
その直後、一帯では離婚・別居ラッシュが相次いだ。
『Aさんを見習えAさんを見習え』と連呼されていた嫁が
「なにが見習えだ!」「この村では健常者の女はハズレらしいので」
と反旗をひるがえした。

逃げられたくない夫は親と別居を選択し、ブチギレた夫は嫁を殴って追いだした。
7:3くらいの割合で別居が多かったように思う。
でも別居した家庭もその後離婚して、夫だけいつの間にか戻ってる場合が多かった。

その騒ぎとは別に、Aさんは子供が幼稚園に入った頃自殺した。
納屋で首吊ってたらしい。
障害がわかって姑や夫の当たりがきつくなったのと、嫁に逃げられた近所のジジババのやつあたりが全部いって、さすがに耐えられなくなったらしい。
Aさんの子供はどっかの施設に行ったとかで見なくなった。

現在、故郷に帰ると50~80の爺と70~90の婆しかいない。
というか最後に帰ったのがもう15年くらい前。
たぶんあと10年もすると絶える。


239: 名無しさん@おーぷん 2015/10/24(土)10:46:22 ID:DL3
Aさん…(´;ω;`)



魔界の滅亡 (ゲームブック・ドルアーガの塔)